フィンペシアとは?

フィンペシアはAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。そのため、有効成分であるフィナステリドが含まれています。フィナステリドの含有量は1mgほどでその点もプロペシアと変わりありません。そもそもAGA、つまり男性型脱毛症の原因は男性ホルモンが変異したジヒドロテストステロンで、5αリダクターゼと結合することで発生します。フィナステリドは5αリダクターゼと結合を防ぐ働きがあるので、脱毛に効果を発揮します。

男性型脱毛症とは?

男性型の脱毛症にもいくつかの種類がありますが、特に生え際から徐々に抜け毛が進行するタイプや頭頂部から進んでいくタイプに有効であることが分かりました。この薬は本来なら抜けなくても良い毛を育毛し、抜け毛を抑える効果です。皮脂の過剰な分泌を抑えるので、頭皮を健康な状態にすることもできます。そのため健康的な毛周期につながり、髪の毛が生えやすい環境にすることが可能です。あくまで脱毛を防ぎ、育毛することを目的としているので、発毛することはできませんので注意しましょう。

AGAの治療はどこで行うか

AGAの治療に使われる薬は薬局などでは買うことができません。処方薬なので、病院へ行き医師に診断してから薬を出してもらう必要があります。おまけに保険外治療なので、かかった費用を全額自己負担しなければいけません。そのため治療費は高くなる傾向です。

フィンペシアの飲み方

薬は飲み続けることで効果を発揮するように作られています。飲み方は1日に1回、1錠を飲むだけです。飲むタイミングは食前や食後などいつでも構いませんが、1日の中でも同じ時間に飲むのがポイントです。例えば、朝起きてすぐ飲むなど自分が飲む忘れないような時間を作り習慣にしましょう。飲んだからといっていきなり髪の毛が増えるわけではないので、半年は継続する必要があります。

フィンペシアの購入

プロペシアは国内で認可されている薬なので、病院に行って診察してもらえば処方してもらえます。しかし、フィンペシアはまだ認可されていない薬なので、日本で手に入れいるには個人輸入しなければいけません。それでもジェネリック医薬品なので、送料などを考えても安く購入することができます。偽物なども流通しているので、あまり安すぎるところで購入するのではなく、信頼できるところを探すのが大切です。
安くてもフィンペシアに含まれているのは同じ成分なので、プロペシアと同じ効果が期待できます。つまり、5αリダクターゼと結合するのを防ぐことで脱毛を抑え、成長期の毛がきちんと伸び続けるようにするという効果です。ジヒドロテストステロンが発生すると、成長期でまだまだ伸び続ける毛が抜け落ちるなど、毛周期に乱れが生じてしまいます。毛周期を整えることで抜けなくてもいい髪の毛が成長し、全体的なボリュームが増えるので育毛効果があります。毛周期というのは数か月単位で生え変わるために、効果を実感するまでには最低半年ほどかかり、その間は薬を継続的に使用しなければいけません。

フィンペシアの副作用

ただ、どのような薬にも副作用があります。フィンペシアを飲み始めると抜け毛が増える初期脱毛が起きることが多いです。初期脱毛とは、薬の効果により細い髪の毛が抜け、太い髪の毛が生えるための準備段階と言える時期です。ただ、抜け毛を少なくしたいと思って薬を服用したのに、抜け毛が増えてしまったと驚く男性は多いです。怖くなって呑むのを辞めてしまう人もいますが、多くの人に起きる副作用なので心配する必要はありません。継続することで太くてかりとした髪の毛が生えてきます。
そして、注意しなければいけないのが妊婦や授乳中の女性がこの薬を触ったり服用してしまうと、胎児の男性器に異常が起きるかもしれないという点です。触っただけでも成分が体の中に入ってしまうので、女性が触らないようにしなければいけません。薬にはコーティングがされていますが、半分に割ったりすると成分がそのままの状態になってしまいます。危険なので割るようなことも避けるようにしましょう。
また、副作用の発現率としては低いのですが乳がんや肝機能障害といったリスクもあります。肝臓の機能がもともと悪い場合には服用できないこともありますので、事前に医師に相談しましょう。蕁麻疹やむくみ、食欲不振といった症状を感じる男性もいます。最も男性の不安を感じる副作用として、男性機能の低下というものがあります。男性ホルモンにアプローチするお薬なので仕方がない部分もありますが、1%ほどとそれほど起こる確率は高くありません。フィンペシアを飲んだために、精神的に影響してしまい勃起障害が起こることもありますので気にしないことが大切です。
このようにフィンペシアにはプロペシアと同じ効果や副作用があらわれます。初期脱毛など気になる部分がありますが、飲み続けることで多くの人が効果を実感してしまいます。ただ、蕁麻疹などで体に合わない人もいますので、無理に飲み続けるのではなく、体調に合わせて飲むことが大切です。